バレエ留学に行く前に

バレエ留学に行く前に

バレエ留学に行く前に 海外のバレエと日本のバレエだと、考え方が異なっていることが多く、留学をしたことによって、踊り方に変化が現れることがあります。
日本の場合だと、とにかく美しく、間違えないように踊るように指導される事が一般的ですが、海外で重視しているのは「表現力」です。
多少は間違えてしまっても、表情や体の使い方による表現方法がどれだけ素晴らしいかを評価されます。
その為、留学をしたことによって、日本とは違った踊り方を求められる事が多く、そのギャップに驚くことがあるかもしれません。
どちらが正しいかという正解はありませんが、行く前から、その事を理解して上で留学しないと、最初は戸惑うことになるでしょう。
そして、日本に帰って来てから、留学したからと言って、日本のバレエ団に受け入れらるとは限りません。
正確に踊ることを求められる日本では、どれだけ表現力が豊かであっても、ミスが起きたりすればその分は過小評価されてしまいます。
行く前には必ず目標が必要です。
どんな場所でで、どんなバレリーナになり活躍して行きたいのかを考えておきましょう。
ただ単に行けば上手くなるということはありません。
それでも、様々な場所で学び知識と経験は必ず自分の為になります。
素晴らしいバレリーナになれるような努力は必ず報われます。

バレエ留学の前に付けておきたい基礎知識

バレエ留学の前に付けておきたい基礎知識 バレエ留学をしようとしている人は、これからプロのバレエダンサーになることを目指している人でしょう。
日本のお稽古事としてのバレエと留学してからのレッスンとでは、スタンスがまったく違います。
日本はあくまでお稽古事というスタンス、留学先は、プロを養成するための訓練を1から行うというスタンスです。
日本では、コンクール至上主義ということもあり、小さいうちから基礎知識を身に付けるよりも、テクニック重視でお稽古が行われます。
基礎知識よりも見せ方重視の指導が行われることが多いため、外国に留学した時に通用しない場合も多々あります。
ダンサーとして一番大切なのは、確かな基礎力です。
プロになろうと思うのであれば、尚更そこをないがしろにしてはいけません。
難しいテクニックを沢山練習することよりも、基礎の一番大事にしなければならない部分を丁寧にお稽古していくことが大切です。
バレエは一足飛びに上手になることはありえません。
基礎的なことを、たゆまず、地道にレッスン出来ること、そんなレッスンに喜びを見いだせる人こそが、真に上手になれる人です。
特に大事なのは、踊れる身体を作る基本となるバーレッスンです。
バーレッスンを、毎回丁寧にお稽古していき、美しく踊るために必要な筋肉の使い方や身体の使い方など、基礎知識をしっかり身に付けることが大切です。

ダンスをイチから学ぶ。

新着情報

◎2017/7/26

大人がバレエを習う目的
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

トウシューズの選び方
の情報を更新しました。

◎2017/3/1

レオタードの選び方
の情報を更新しました。

「バレエ 基礎」
に関連するツイート
Twitter

RT @BuyouJapan: バレエレッスンの消費カロリーですが 人によって体重や筋肉量、基礎代謝などが違うので何とも言えませんが、大体200〜300kcal位だと思います。 同じ消費カロリーでも水泳なら50分、ウォーキングなら60分、ランニングなら30分位になると思います。…

Twitter LOVEXIANGCAI926 パクチーLOVE香菜

返信 リツイート 54分前

7/19日曜 お早うございます。日曜はFクラシックバレエ! FUYUCO先生の10:00幼児バレエ,11:30子どもバレエ、13:00大人バレエ入門、14:30バレエ基礎初級、16:00トウ・プレトウクラスです

Twitter kttapcompany 冨田かおるタップダンスカンパニーオフィス

返信 リツイート 8:06

ダンスは、3歳くらいにバレエを習い始めたのは最初かな。もともとSMAPさんに憧れてて、基礎から習おうと思って。【W13.5】

Twitter asahiK_bot 梶山朝日bot

返信 リツイート 2:42

岩田さんには3人の師がいる。父岩田高一にはバレエの魂を学び、ボンダレンコにはバレエ基礎を学んだ。3人目のアキモフは、コンクールで賞をたくさん取り自信を持っていた岩田さんの考えを変えた。未だにアキモフは岩田さんより上手く、リハーサルの代役で悪魔を演じた時には本物の悪魔がそこにいた!

チャコット横浜にてプロ・上級者対象《マスタークラス》がスタートします。 10/1(月)から指導させて頂くことになりました。 しっかりと動けて基礎から組み立てられた上級者向けのクラスです。 是非よろしくお願いします! chacott-jp.com/lesson/studio/#バレエ #レッスン

​ こんにちは。HARUNAです(^^) ウォーミングアップ→アイソレーション→バレエ基礎少し→ストレッチ→バットマン→ピルエット→ダンス の流れでレッスンを行いました。 振りはシアタージャズの続きです。 早い振りなので、音楽に終われますが、レッスン最後には覚えて踊ることができましたよ^^✨ また次週も続きを行います(^^) HARUNA http://xn--pcktaa0a2trb3ck.com/%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e3%83%8e%e3%83%bc%e3...

...の1校として選ばれた実績あるスクールです。 入学資格 11歳~18歳「小学6年生~高校3年生」 プログラム クラシックバレエ、コンテンポラリー、振付と即興、ジャズ、フラメンコなどがメインとなっている。 バレエレッスンは、音楽性、芸術的表現、身体バランス、運動力学そして完璧な体の正確なポジションなど基礎や身体についての学習も可能である。 振付と即興はモダンとバレエ技術を組み合わせたアナワイマン独自の...

ダンスダンスダンスール は なんかむむむむむってなって読めない やっぱりバレエ基礎が必要で生活だった人間としては中高生で運動神経がいいからーとかはなんか複雑 まあ漫画でそんなこと思ってもなんだけどね

プリパラの曲で「Mon chouchou」っていうバレエ基礎とバク転出来ないと踊れない曲あるんだけど、よく考えたら #Sexy冠 のおかげで健人くん踊れるじゃん って事に気づいた

Twitter BKMXq2XqGBbMRno ♥佐藤レオナ🌈@勉強教えて

返信 リツイート 昨日 21:00

バンガ見ててなんか知念さんあんま前に出ないなあって思ってたけど韓国の振付師さんにはモダンバレエやジャズダンスが基礎の知念さん特有のダンスはウケが悪いとかある?

Twitter c1h1i3h0a ち は る 😈 @個ツイみてね

返信 リツイート 昨日 19:52